001_R

イタリアではトーストしたパンの上にレバーペーストやアンチョビなどの具材を乗せたパンのことをクロスティーニと呼んでいます。

インドの台所を運営しているルチバラニさんによる、ガーリックバターを塗りこんだピーマンたっぷりのトーストの作り方の紹介です。

スポンサード リンク

002_R
用意する材料は、フランスパン、赤いピーマン、黄色いピーマン、青いピーマン、ベービーコーン、トマトケチャップ、ピザシーズニング、刻んだパセリ

003_R
続いて、にんにくペースト、お塩、モザレラ(モッツアレラ)チーズ、ドライオレガノ、バター小さじ1.5杯、オリーブオイル、黒胡椒

005_R
フランスパンを適度な厚みに切っていきます。

007_R
ボウルにバターを入れ、ドライオレガノをつぶしながら加え、そこに、にんにくペーストとパセリを加えてよく混ぜます。

008_R
ガーリックバターを切ったパンに薄く塗り、天板にアルミホイルを貼ったオーブンで180度の温度で中がふんわり、外がカリッとするぐらいに焼きます。

012_R
ここからはパンに乗せるトッピングを作ります。熱したフライパンにオリーブオイルをひいてニンニクペーストを落とします。パンに塗ったバターにすでにニンニクが入っているのでほどほどの分量で。そこへピーマンとベビーコーンを加えて、のちほどオーブンで加熱するので2~3分ほど軽く炒めます

014_R
パセリ、ドライオレガノ、ピザシーズニング、トマトケチャップ、黒胡椒を加えてよく混ぜて味つけ。混ぜ終わったら火から下ろして塩を加えます。

019_R
焼き上がったパンの上にピーマンを炒めたものをたっぷりとのせ、さらにモッツアレラチーズをのせましょう。さらにピザシーズニングをふりかけると美味しくなります。

023_R
最後の仕上げにオーブンで焼き上げれば完成です。

動画はこちらからどうぞ。

アツアツのうちに食べるのが美味しいので、来客の予定がある場合はピーマンを炒めてチーズを乗せるところまであらかじめ作っておくとよいそうです。

情報提供:野狐さん
ソース:イタリーのクロスティニー Italian Crostini



  • Twitterでつぶやくツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事リンク集

厳選過去記事