001png

ポテトスキンは名前の通りポテトの皮を意味するアメリカの料理。半分に割ったポテトの中身をくりぬき、チーズやベーコンをトッピングしてオーブンで焼い食べるのが一般的。その手軽さからはアメリカのバーやパーティーの軽食として親しまれています。

皮付きじゃがいもに、たっぷりチーズとカリカリベーコンが美味しいポテトスキンの紹介です。

スポンサード リンク

用意する材料
  • じゃがいも(小ぶりなものがよい)
  • ベーコン
  • クリームチーズ

PotatoSkins

作り方
  1. じゃがいもをよく洗い、芯がなくなるまでふかす。
  2. オーブンを175度に余熱する。
  3. ベーコンをカリカリになるまで炒める。
  4. じゃがいもを半分に切り、やけどに注意しながらスプーンで削って窪みを作る。
  5. 窪みにクリームチーズ、ベーコンをこんもりするぐらいに盛る。
  6. 天板に並べて175度のオーブンで15~20分焼く。
  7. 完成です。アツアツのうちに召し上がれ。
クリームチーズをチェダーチーズ、サワークリームにするとアメリカンな本場に近い味になります。さらにトッピングに好みの野菜を使っても美味しいです。

フライドポテトみたいなジャンキーな味わいでビールのお供に最高な料理です。

ソース:Mini Potato Skins




  • Twitterでつぶやくツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事リンク集

厳選過去記事