011_R

朝食は一日の始まりで食べる大事なエネルギー源。日本は白米がメインですが国や地域が変われば、それぞれの気候や文化に合わせて朝食も変化します。

それでは世界の人々がどんな朝食を食べているのか見てみましょう。

スポンサード リンク

2014-03-30_18h47_21
1.アメリカ。パンケーキ、卵焼き、ベーコン。

002_R
2.日本。白米、味噌汁、漬物。

003_R
3.インド。ドーサ(南インドのクレープに近い料理)サンバール(スパイスを使ったスープ)、チャツネ(豆とスパイスで作るソースの一種、日本で言うところのふりかけ)

004_R
4.ドイツ。ソーセージ、ゆで卵、ブレッドロール。

005_R
5.ベトナム。フォー(平打の米粉麺)

006_R
6.ブラジル。フルーツ、トースト。

007_R
7.イギリス。ソーセージ、ベーコン、卵焼き、焼きトマト。

008_R
8.中国。おかゆ、肉まん。

009_R
9.イラン。ナン、バター、ジャム。

010_R
10.イタリア。ブレッドロール、ジャム。

011_R
11.エジプト。フル・メダム(豆料理の一つ、付け合せにマッシュポテトをつけたり熱い油をかけて食べる場合もある)ピタパン(数千年前から中東の主食となっている練った小麦粉を焼いたもの)。

012_R
12.ケニア。チャパティ、フルーツ、ウージ(麦やトウモロコシなどの粉、生姜、砂糖をお湯で溶いたとろみがついたドリンク)

013_R
13.スウェーデン。パン、キュウリ、コールドカッツ(色々な薄切りの冷製肉の盛り合わせ)、トマト、ゆで卵。

014_R
14.モロッコ。クレープ、バター、ジャム、仕上げにオリーブオイル。

015_R
16.ロシア。ライ麦パン、ソーセージ、ポリッジ(オートミールで作るおかゆ)。

2014-03-30_18h51_50
17.メキシコ。トルティーヤ(すり潰したトウモロコシから作る薄焼きのパン)具材にフライドエッグ、豆類、サルサソース。

動画はこちら

ソース:What Does the World Eat for Breakfast?

※2014 3/30 18:48追記 No.1とNo.17のキャプチャが間違っていたので差し替えました。



世界ぐるっと朝食紀行 (新潮文庫)
西川 治
新潮社
売り上げランキング: 128,385


  • Twitterでつぶやくツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事リンク集

厳選過去記事