007_R

人類は数百万年もの間、自然の動植物を採取・狩猟する生活を続けてきました。しかし、人口の増加や季節によって食料がまったく確保できなくなり、自ら動食物を育てる「農耕」を発展させました。遥か昔に農耕が誕生してから現代に至るまで続けられています。

それは世界の農耕風景を見てみましょう。
スポンサード リンク

001_R
1.ブラジル・サンパウロ近くのサトウキビ農場。写真はブラジル北東部からの出稼ぎ労働者がサトウキビを収穫しているところ。

007_R
2.「インドの穀倉」とよばれるアムリトサルの小麦農家。小麦の育ち具合を確認している。

015_R
3.西アフリカ・ブルキナファソの稲作風景。

016_R
4.パキスタン・ラホール。種植前の確認をしている農家。

017_R
5.レバノン南部。みかんを収穫する男性。

018_R
6.フィリピン・マニラ。田植えをする農家。後ろで白い煙をあげているのはマヨン火山。
019_R
7.アメリカ・カルフォルニア州の北端にある小さな町、ノバトの牛舎。牛へ水やりをする男性。

020_R
8.ブラジルのコーヒー農家がコーヒー豆を選別している。

022_R
9.ウクライナのキエフで飼育されるダチョウ。2010年ごろからダチョウを飼育する農家が増えている。

023_R
10.アフガニスタン・カブールのイチゴ農場。

021_R
11.インドの小麦を収穫する風景。小麦の束を頭に乗せて運搬する。

024_R
12.ウェールズの羊農家。牧畜はウェールズの伝統でもある。

002_R
13.ベトナム・バクニン省。水牛を使い水田を耕している。

003_R
14.パレスチナ・ガザ。ハウス栽培の風景。

004_R
15.パキスタン・ワジーラバード。じゃがいもを収穫する女性。

005_R
16.モロッコ南西部の都市アガディール。子豚に餌を与えている。

006_R
17.ベラルーシ共和国。川のほとりで作業をこなす酪農家。

008_R
18.西アフリカ・ブルキナファソ共和国。ロバを使い収穫した農作物を運搬する農民。

009_R
19.ネパール・カトマンズの米農家。これから脱穀を行うところだと思われる。

010_R
20.パレスチナ・ガザの養鶏場。

011_R
21.インド・カシミール。世界的にも有名なサフランの産地。

012_R
22.アメリカ・カルフォルニア州・カレキシコ。メキシコから出稼ぎに来た労働者がレタスを収穫している。

013_R
23.アフガニスタン・ヌーリスターン州。ヤギを放牧する牧畜民の男性。

014_R
24.イギリス。一面に広がるアブラナの畑。

ソース:Ода фермерству


Farmer's KEIKO 農家の台所 (生活シリーズ)
Farmer's KEIKO
主婦と生活社 (2012-09-03)
売り上げランキング: 23,798


  • Twitterでつぶやくツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事リンク集

厳選過去記事