kodawari_image1

小僧寿しは3月28日、関西を中心に展開する宅配ピザチェーン「シカゴピザ」と提携したと発表しました。

スポンサード リンク

当社は、平成26年3月28日開催の取締役会において、下記のとおり、株式会社シカゴピザ(大阪府茨木 市 代表取締役:中野雅弘)との業務提携契約を締結することを決議いたしましたのでお知らせいたします。

ソース:株式会社シカゴピザとの業務提携に関するお知らせ

提携の狙いは、小僧寿しのテイクアウト寿司のノウハウとシカゴピザの宅配ピザ、宅配丼物の運営ノウハウを合わせ、新しい業態を開発。売上アップに繋げるとのこと。

概要として、「小僧寿し」「茶月」の各店舗で、シカゴピザが展開する「シカゴピザ」「どんぶり名人」の商品を合わせて販売する、「寿司」「丼物」「ピザ」のテイクアウトを扱う店舗を5月に2店舗を先行で営業開始、年内に20店舗の出店が目標となっています。

小僧寿しは2月7日に、13年12月期の連結最終損益を従来予想の4.1億円の赤字から17.2億円の赤字に下方修正。赤字が拡大する見通しとなったことを発表しています。



ミドリ OJ ミニマグネット(6個入) 寿司
デザインフィル
売り上げランキング: 3,945


  • Twitterでつぶやくツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注目記事リンク集

厳選過去記事