001_R

1: 名無しさん@おーぷん 2014/10/16(木)16:43:10 ID:gQLnJ1yG1
たったら書く!

結論から言うと二日で体壊した
なさけねー

4: 名無しさん@おーぷん 2014/10/16(木)16:50:52 ID:oImj1VJdN
お金がとにかく早急に必要で、日払いや週払いのバイトをひたすら探してた。

飲食は戦力になるまでなかなか思うようにシフト入れないし、派遣はとにかく時給が安い。高いとシフトがきつくて他になにもできない。

ゼミの準備や資格の勉強もしなくちゃいけなかったから、できたら夜勤がいい。
となると、選択肢が無さすぎて切羽詰まるよな。
そこである日見つけた求人が某製パン工場のアルバイトだった。


スポンサード リンク

5: 名無しさん@おーぷん 2014/10/16(木)16:55:22 ID:oImj1VJdN
期間限定だけど、勤務後日給即日払いはなかなかない!
12時間拘束にはううっとなったけど、まあ時給換算でもけして安いわけではない

前やってた夜勤よりすこし集合時間が早いくらいだから、まあ、いけるだろ!単純作業も好きだし!何より生活のためだし!

と思ってその場で連絡した。
それが地獄の門だった。

6: 名無しさん@おーぷん 2014/10/16(木)17:00:19 ID:oImj1VJdN
当日は面接から始まって、採用されたらそのまま勤務、ということだった。

さっそく向かったのだけど、まず場所が遠い!
駅も都内とはいえ辺鄙なところだし、駅から工場までもめちゃめちゃ遠い。入り口もわかりにくい。結構早めに家を出たつもりだったけど、見事に遅刻した。

ただ工場に近づいてきたあたりから、パンの焼けるいい匂いがしたな。この辺はまだわくわくしてた。
電話と違って、受付のおばさんがとても優しかった。

7: 名無しさん@おーぷん 2014/10/16(木)17:06:21 ID:oImj1VJdN
あれ、ID変わってる
自分は>>1です!

入門を済ませたら、今度は食堂へ。
?となったけど、そこで面接や、採用なら色々渡されるらしい。

食堂に入るにも、まずキャップ?が必要だった。
頭髪をすべて中にまとめて、髪の毛が落ちないようにするやつを、おばさんの指示のもと装着。
おお、工場っぽい…と思いながら入室すると、同じように私服にキャップを被った人たち(面接待ち?)がたくさんいて少し笑いそうになってしまった。
不思議な光景だった

8: 名無しさん@おーぷん 2014/10/16(木)17:11:00 ID:oImj1VJdN
必要書類を記入・準備して、順番を待つと今度は爽やかな作業着のお兄さんと面接。
自社のアルバイト経験や健康状態など簡単なことを聞かれ、あっさり終了した。

作業着を受けとるとその日の配属が発表になる。
ここまで到着からなんだかんだ三時間。休みが入ると思いきやそのままで、水を飲むタイミングもなかった。

9: 名無しさん@おーぷん 2014/10/16(木)17:15:31 ID:oImj1VJdN
同じポジション担当の社員さん?につれられ、始めての職場へ。

これがまた遠かった。まず全身にコロコロ、手を洗って、アルコール消毒して、エアーシャワーして、マスクして、また手を洗って、アルコール消毒して、手袋して、やっと生産ラインに入れた。

この行程がとんでもない迷路を長々辿りながらで、行きは半分工場見学気分で楽しかったけど、休憩時は往復だけでかなりとられて厄介だった。

10: 名無しさん@おーぷん 2014/10/16(木)17:17:11 ID:oImj1VJdN
用ができた、18時ごろまた戻ってくる!

11: 忍法帖【Lv=11,エビルマージ】 2014/10/16(木)17:17:59 ID:BRNqzMWuY
うむ

12: 名無しさん@おーぷん 2014/10/16(木)17:32:04 ID:Fi4Mqw84P
セブンのパン作ってた事あるけど切れ目入った生地を両サイドから微妙に引っ張るのと銀のアルミ皿に油を塗る仕事を一日中やってたわ
パンも皿も永遠に流れてくるし時間は進まないし死ぬかと思った

46: 名無しさん@おーぷん 2014/10/17(金)11:59:37 ID:7kvSWTbqw
>>12
>パンも皿も永遠に流れてくるし時間は進まないし死ぬかと思った
そうなんだよね、まさにそんな感じ。このまま一生が終わるのではと思うほど長い時間であった

13: 名無しさん@おーぷん 2014/10/16(木)17:59:58 ID:oImj1VJdN
ただいま

14: 名無しさん@おーぷん 2014/10/16(木)18:05:08 ID:oImj1VJdN
最初の配属は和菓子だった。
羊羮みたいのを想像してたら違った
蒸す前の肉まんあんまんを延々と台紙に乗せていく作業だった。
ピザまんもあった
そもそも肉まんピザまんって和菓子の分類なのか

15: 名無しさん@おーぷん 2014/10/16(木)18:08:30 ID:oImj1VJdN
なんか小さくてもちもちで、雪見だいふくみたいで
ウィンウィン動く機械から並んで生地が出てくるのは可愛かった

金網に台紙を敷いて、流れてくるあんまんをのせて、金網を蒸し器に突っ込むためのワゴンにのせる、というのを組んでいる人と二人でこなせ、とのことだった

えーそんな簡単でいいのか、たのしい!と思った
思っていた

これが尋常ではなくきつかった

16: 名無しさん@おーぷん 2014/10/16(木)18:16:55 ID:oImj1VJdN
まず延々と同じ動きしかしないのが、こんなに体にくるとは思わなかった。
金網の上に台紙を敷いて、延々と出てくるあんまんを載せて、それを蒸し器に突っ込むためのワゴンにのせる
というのを組んでいる人と二人でこなせ、とのことだった。

あんなに可愛かったあんまんが魔の行列に見えた。終わりごろには機械とまれ、と祈るだけで、誇張なくこの世の終わりのような気持ちだった。
このまま一生が終わるのではと思い始めたあたりで勤務が終わった。

よく工場勤務なんかずっとしてたら頭がおかしくなる、と聞くが、ポジションによっては本当かもしれん
途中あんまんのことしか考えられなくなっていった。

17: 名無しさん@おーぷん 2014/10/16(木)18:52:30 ID:6uxFRaeLq
ヤ●ザキ?

19: 名無しさん@おーぷん 2014/10/17(金)00:34:28 ID:yZFFceR4j
>>17
某、とだけ。
働いてたのは少し前なんだけど、最近また求人を見かけたのでふと思い出して書いてみた。

18: 名無しさん@おーぷん 2014/10/17(金)00:33:03 ID:yZFFceR4j
ごめん、バイトだった!

遠い出口、遠い駅、遠い帰途を経てふらふらで帰宅。
病院による予定も入れたら寝る時間なんて四時間もなかった。

が、仕事は仕事なので再び出勤。

22: 名無しさん@おーぷん 2014/10/17(金)04:17:35 ID:7kvSWTbqw
ごめんよ、遅くなりました!
自宅のパソコンからなのでIDかわると思いますが、>>1です。

一日目のまとめとしては
・駅遠い、駅から遠い、生産ラインが遠い
・際限ないあんまん肉まん地獄
・肩と足が死ぬ
・ひたすら同じ作業
・水が飲みたいとも言えない雰囲気
・組んでた主婦の愚痴が半端じゃない
・現場のおじさんはミスすると厳しいが、話しかけると心なし嬉しそうで可愛い
・おじさんおじさんおじさんお姉さんおじさん
・組んでた主婦によるおじさんの謂われない陰口が半端じゃない
・お給料がその日の帰りに受け取れるのは、まさに「働いた!」って感じで嬉しい

です

23: 名無しさん@おーぷん 2014/10/17(金)04:20:36 ID:iKGiv1Hrv
>>22
駅から工場までの送迎バスとかないの?
なかったら死ねるな
続けるのならまぁ頑張ってくれ!

27: 名無しさん@おーぷん 2014/10/17(金)04:32:23 ID:7kvSWTbqw
>>23
うーん特にそういう話は聞いてないな。
もう辞めてるよ!でもありがとう。
直後に熱だして、自分で情けなさ過ぎて笑ったわ笑

25: 名無しさん@おーぷん 2014/10/17(金)04:30:00 ID:7kvSWTbqw
そして二日目、今度は洋菓子に配属。
また和菓子もとい小麦粉の国だったら死亡だなと考えていたのでとても嬉しかった。
あの白いもちもちの行列はしばらく夢に出る。
先日、初めわくわくしながら見てた機械も「壊れろ!おじさんもう小麦粉入れないでくれ!!」って感じだったので、今度はポジションまでの道も目をキラキラとはいかず。

ポジションに入って初めの感想は、さ、さむ!だった。
あと、冷たい空気のなか、すっきりと甘くていい匂いがした。
甘い物しか入ってない冷蔵庫みたいだなあと思ってたけど、強ち間違ってもないね
あと、先日の和菓子が暑かったので比較的薄い服を着てきてしまっていた。
とにかく寒い。

28: 名無しさん@おーぷん 2014/10/17(金)04:40:26 ID:7kvSWTbqw
二日目を一言で言うと、とにかく仕事が多彩だった。
果物を延々と切ったり、スポンジや材料をコンベアに並べてみたり、苺を延々とケーキの上に乗せていったり。
一日目の疲れが抜けてなくて、ひとりで作業しながらふっと意識とんだりしてたけど、時間は勿論作業が地味に進んでて人間ってすごいなと思った。笑

自分の父親が昔から好きだった製品の作業してる時なんかは軽く感動を覚えた。
なんだか、自分が日頃目にしてる製品が実際手に渡るまでの過程にふれるのは不思議だね。
棚卸のバイトなんかもやったことあるんだけど、初めて以来コンビニでもスーパーでも(これ棚卸したなあ)といちいち製品を眺めるようになってしまった。
勿論今は、パンの製造元みては軽く鬱々としてるよ。
ここにどれだけの人の休日と腰の健康が刷り込まれてるんだろう…と…

30: 名無しさん@おーぷん 2014/10/17(金)04:48:44 ID:7kvSWTbqw
そんなこんなで二日目は作業自体はそんなに苦痛に思う事もなく、時間も比較的速く過ぎた。
後からベテランのおばさん?お姉さん?に聞くには、洋菓子は作業員のなかでも一番人気のポジションなんだと。
まあ小麦粉くさくないしなあ、いろんな作業できるしなあ
寒いけどいい匂いするし

と、まあこれ毎日だったらかなり素敵だな!きっついには変わらないけど楽しいな!と思いつつ終盤の後片付けに入った。
社員の同い年か年下かなって女の子に軽く嫌がらせされたくらいしか問題もなかった。
自分がなにしたっていうんだ…なんかしたのかもしれないけど…

31: 名無しさん@おーぷん 2014/10/17(金)05:00:27 ID:7kvSWTbqw
びっくりしたのは、苺にがっすがっすアルコールかけてたこと。
これこういう風にかけて、と見本をされながら言われて、「なんですかこれ?」と聞いたらアルコールだよ、だと。
ラベルになんか違う名前貼ってあったけど、まあアルコールの一種なんかな
ヘパリーゼ?それ胃腸薬かなんかだよね、なんだったかなあ…

もうびくびくしながらシュッシュしたよ。
コンビニやスーパーで長時間おかれても色落ちしないなんて、魔法なんかないからまあこういうことだよなあ
コンビニのおにぎりはアルコール漬けだよ、なんてコピペを思い出して、強ち間違いでもないのかなと思った。
ちなみにバナナもびっしゃりアルコール漬けてた。皮剥く前だけど。
アルコールが手袋につくと、気化熱なのかなんなのかとにかく手指が冷える!

32: 名無しさん@おーぷん 2014/10/17(金)05:06:03 ID:7kvSWTbqw
他には、コンビニのプライベートブランドのデザートなんかも見かけて、あああれってここの会社が作ってたんだなあ、とか。
二日目も帰りに事務所で現金を頂いて、ゆらゆらしながら朝陽の中帰宅したよ。
ねこが居た。

二日目のまとめとしては
・洋菓子はひとりでいろんな仕事をやる
・寒い
・アルコール祭り
・全体的にいい匂い
・女の人が多い。こんなところにもお局さん
・若い女の社員さんが怖い
・パートの小さいおばさんが可愛い
・床や器具・機械の掃除がかなりこまめ。熱湯でクリームを溶かすのが快感
・寒い

こんな感じでした。

33: 名無しさん@おーぷん 2014/10/17(金)05:12:25 ID:7kvSWTbqw
ちなみに勤務は五連休の予定だったんだけど、三日目の行きの電車で体調を崩してその後は勤務できなかった。
無理がたたると風邪っぽい症状や微熱が出るんだけど、大体一晩で治るのがまる一日寝ても若干尾をひいた。
お金の為だし自分で選んだことだし、とにかく時給が安くても長時間でもやってやらなきゃ、という気持ちだったのが、帰宅した夜中に熱をたたき出した体温計見た所で何かが折れた。
やればやれるんだ、と言い聞かせても体力の目安は自分で把握しておかないとどうにも立ち行かないな。
工場勤務なんて単純作業と立っている事さえ我慢できれば余裕っしょ~と思っていた当時の自分の顔をベルトコンベアからのアルコールに突っ込んで小麦粉を投げてやりたい。

34: 名無しさん@おーぷん 2014/10/17(金)05:17:57 ID:7kvSWTbqw
大体こんな感じです。

悪いところばっかり書いちゃったけど、やっぱり働いてすぐにお給料がもらえるのは嬉しいし、さっきも書いたけど「働いたなあ」って実感が得られるのは魅力的だよ。
それから、工場にいるおばさまは大体が仕事の愚痴や勘違いの上での仲間の陰口、こちらへのいちゃもんだったりするので、それを理解した上でうまく合わせられるとやたら気に入られたりするよ。
おじさんお兄さんは、少なくとも自分が接した人はすべて爽やかか職人気質みたいな人だった。それか全く無関心で目も合せないみたいな人にわかれるかなあ。
べらべらずーっと人懐こく喋ってる若いお兄ちゃんがおばさまに囲まれて楽しそうだったので、おじさんのいらいらさえ躱せればそういう人が働きやすいのかなと思った。

36: 名無しさん@おーぷん 2014/10/17(金)05:22:44 ID:7kvSWTbqw
あと、作業自体は本当に簡単。
感覚さえ掴めればそれこそ全くの素人が飛び込んでもその日のうちに戦力にはなる。
けど現場にいる人は流れるように完璧な作業に慣れているし、それを求めてくるので、少しでももたつくと怒鳴られたりする。
逆を言えば手が空いたらすぐ何か手伝えることがあるか聞きに行くと、(ただ突っ立って指示待ちしてる人もいるので)おお…という感じの反応はされる。し、あからさまに態度が柔らかくなったりした。

38: 名無しさん@おーぷん 2014/10/17(金)05:33:08 ID:7kvSWTbqw
あとは直前、「父親が就いてたら恥ずかしい職業」みたいなスレを見かけてたんだけど、そこに工場勤務ってのがあったのを思い出してた。
ぺーぺーで入ってきてる以上、バナナの間隔や小麦粉の微妙な量をぱっと調節できる先輩作業員は例外なくかっけー!ってなるんだけど、ふとここで何年も働いていたらどうなるのだろうと考えた。
サラリーマンなんかは例えば営業で揉まれたり、出世を夢見たり、家族計画を立てたり、できなかったプレゼンを覚えて会社の何億って売り上げに貢献したりできるとする。
ここでずっと勤務していて、得られるのは狭くて広い工場内での付き合いと、バナナの間隔と、肉まんの生産に自分が関わってるとスーパーで得られる感覚と、あとなんなんだろう…と
そこまで考えたらなんだかぐるぐるしてきて目の前のスポンジに意識を戻した。

工場勤務の人にボーナスがあるのか、もしかしたら日中寝るので精一杯だった自分とは違って、ベテランさんなどは充実したプライベートを送っているのかもしれない、というか人によるかもしれないので、もし身近に工場勤務の人が居て誤解や嫌な気持ちになる人が居たらごめんね。

39: 名無しさん@おーぷん 2014/10/17(金)05:35:24 ID:7kvSWTbqw
あーあとは、食堂においてあるパンは食べ放題だった!
交通費は出なかったから、ここで元とろうとしたら二日で若干体重増えて恐怖だった。
夜中に菓子パンやトーストはだめだね…
でもオーブンやマーガリンジャムが置いてあるのはとてもよかった、出来立てなのかはわからないけど全部おいしかったなー

40: 名無しさん@おーぷん 2014/10/17(金)05:37:00 ID:7kvSWTbqw
こんな感じでしょうか、途中ぐだぐだしちゃってすみません。
何か質問あればお答えしますー

42: 名無しさん@おーぷん 2014/10/17(金)07:49:04 ID:1wx3RLDgP
食べ放題のパンはどれが一番美味しかった?

45: 名無しさん@おーぷん 2014/10/17(金)11:57:51 ID:7kvSWTbqw
>>42
チョココロネ!
懐かしいなあってだけで取ったんだけど、中のクリームが素敵だったー

43: 名無しさん@おーぷん 2014/10/17(金)08:19:00 ID:UFb4hik0g
自分も短期でこの夏に食品工場行ったけど、一回「ここで一生働くってどうなんだろ」と考え始めたら(いっちゃ悪いが)空恐ろしくなって寒気がしたな
考えないことの重要性を痛感した

48: 名無しさん@おーぷん 2014/10/17(金)12:04:40 ID:7kvSWTbqw
>>46
なんか同意してばっかりだけど、ほんとそんな感じのこと自分も考えてた。
閉鎖的過ぎるんだよな、ここで一生終える人がいるなか、丸の内のOLやサラリーマンはデスクワークからの時々定時上がりでデートやたまの贅沢なんかしてるんかなと思ったら恐ろしくなった。
そういうのはもう考えたら負けだと自分だったら思うけど、実際何を考えてるんだろうね?

44: 名無しさん@おーぷん 2014/10/17(金)08:26:25 ID:Z8E3pmCJ4
正社員なら割りと給料良いぞ。ボーナスが地方公務員のと同じくらい。

50: 名無しさん@おーぷん 2014/10/17(金)12:10:39 ID:7kvSWTbqw
>>44
そうなの?!
すごいな、ただ、あの生活でどこでお金使うんだろう…
さすがにずっと夜勤てことはないのかもしれないけど、少なくとも自分は三日間もらったお金に手すら付けられなかったや。
あれは嫌でもお金たまるなと思った。

51: 名無しさん@おーぷん 2014/10/17(金)12:20:26 ID:7kvSWTbqw
あー、あと和菓子課では延々とエリーゼのためにとか、童謡のインストルメンタルが流れてたな。
電話なのかなんなのか知らんけど、きつい匂いと疲労のなかで頭おかしくなりそうだった。
もう当分エリーゼのためには聞きたくない。

出来上がった製品積み上げて運んでるゾーンではコブクロとかバンドサウンドっぽいのが聞こえてたけどね。
休憩のとき通って、楽しそうだなおいと思ったのは覚えてるや。

ソース:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1413445390/




  • Twitterでつぶやくツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加